*

バカッター騒ぎに見る、バカに対して厳しい社会

      2015/11/26

 

初夏の風に誘われて

夜道を散歩しておりました。

母校の中学校の前を差しかかったとき
なんか懐かしくなって立ち止まり、

校舎とか校庭とかを眺めてたんですけど。ぼへーって。

中学生当時のことをいろいろ思い返して感じたのは、
いやー、ほんとバカでしたよね。笑
当時。

今だから言えますけど
当時 印象的だったバカ行為は

潰れて廃墟になったディスカウント店に放課後忍び込んで、
モノあさったりイタズラしたり。

しょうもないですね。

で、ほどなくしてそれが当然学校にバレるわけなんですけど。

 

後日学校の会議室に
先生と、やらかした男子生徒数名と、その親が集まり。

ぼくらが行ったイタズラが一覧になったレジュメ資料が配られ、
先生がそれを読み上げていくわけです。

で、そのうちの項目のひとつを読み上げた時、
会議室がなんとも言えない空気に包まれたんですけど。

これです↓

「◯◯君は、店舗に併設されていた社員寮から
エッチなビデオを盗みました。」

 

 

大変申しわけありませんが

笑いをこらえるのに必死でした。

 

その後、
物件のオーナーさんは幸い許してくださり
みんなで店舗を掃除してコトは終わったのですが。

 

 

で、ですね。

こうやって書いてて、

バカだなあ‥という気持ちになりつつ
もう1つ思ったのが、

ぼくらが当時やったことと、ここ近年で問題になってる
アイスの冷蔵庫に入ったり、
ピザ屋のバイトがピザ生地を顔に貼り付けてネットにあげるとか。

これらとやってることのバカさは変わんないんです。

もし、ぼくらが中学生だった当時にツイッターがあって、
ぼくらのうち誰かが調子に乗ったついでにツイッターに投稿したりしたら。

全国に拡散されて日本中から叩かれたりもしてたんですよね。

 

もちろんですよ。もちろん
悪いことは悪いんですが、
中学生男子の頃とかはこんな感じでほんとバカだったりするので。

これが日本中の、全然関係ないような人たちからも
もの凄い罵詈雑言を浴びせられるとかは、

ネット社会、厳しいなあ‥とかは思います。

 

 

 - 人とインターネット