*

【乾燥の秋】には、肺と肌のケアを

      2015/11/23

 

お彼岸を迎え、季節はすっかり秋。

「暑さ寒さも彼岸まで」ってか。

すっかり涼しくなりました。風邪などひかれてないでしょうか?

夕方ごろ外に出てみますとね。明らかに空気がこれまでとは違います。

「澄んでる」なんてよく言いますけど、
本当になんだか、スーッとしてて抵抗が無い、空気が軽い感じです。

ついこの間まで除湿機のタンクがすぐ満水になって
ピーピー言ってたんですけどね。

 

秋は乾燥の季節

そう、秋は暑くもなく寒くもなければ花粉もない、
1年のなかで最も過ごしやすい季節ではありますが

同時に乾燥の季節でもあります。

東洋医学では外気の乾燥が身体に悪さをすることを【燥邪 そうじゃ】

「乾燥の邪気が身体に入り込む」と呼びます。
※ほかに、熱邪・湿邪とか‥6種類あります。

で、秋は燥邪にやられやすい季節。

そしてその影響を受けやすいのが肺と皮膚です。

 

肺のケアのしかた

肺は呼吸器として乾燥した空気に直接触れる臓器ですから
当然、燥邪の影響を1番受けます。

「スポーツの秋」とは言いますが

あんまり息を切らすようなハードな運動は控え、
心を安静に落ち着かせ早寝早起き。

清浄に保つことが快適な秋を過ごす秘訣です。

そして肺を滋養する食べ物として、白いものを摂ると良いとされています。
玉ねぎ・大根・梨・桃・もやし など‥。

 

また、東洋医学では
肺と大腸は、表裏の関係にあり密接に関わっていると言われます。

秋に肺のケアを怠るとその先の冬、寒さに耐えられずに
お腹を下したり、腸炎などの症状となって現れることがあるのです。

 

 

カサカサ肌予防。スキンケアの大切さ

夏のあいだに開いていた肌のキメはまだ
閉じていません。

それにも関わらず既に
冷たい秋風が吹くようになっていますから
皮膚が傷つけられやすいのです。

上着の脱ぎ着をこまめにして、
涼しい風にあまり直接当たらないように気をつけてあげると良いです。

 

本来であれば秋は、とても快適に過ごしやすい季節です。

適切に身体を気にかけてあげて、
行楽などおおいに楽しみたいですね。

 

 

P.S.
秋っぽい曲。ジェーン・バーキン。

 

やばい良いですな

 

うちの近所の
秋のお散歩コース

秋の散歩

 

 

 - ヘルスケア