*

アラサー世代のあなたへ。スマホの『フリック入力』できますか?

      2015/11/16

 

アラサー女子あるある! を描いた『東京タラレバ娘』に、
男でも身につまされた話

 

ぼくが最近、1番好きな漫画家
東村アキコ先生の、『東京タラレバ娘』を読みました。

「タラレバばかり言ってたら こんな歳になってしまった」
そんなにイケていないはずじゃないのに気づいたらアラサ―になっていた倫子。6年後の東京オリンピックまでには結婚したいと思うけど…。
東村アキコの女子に対する鋭い視点と笑いがさく裂する最新作!!
amazon内容紹介より

 

“アラサー女子のツボを突く”っていうのが魅力の漫画。

ぼく男だから全部のツボは理解できなかったけど、アラサーとして
これにはガツンとやられました。

この1コマ。

タラレバ

『東京タラレバ娘』1巻より

 

 

フリック入力できない30代

そうそうそうそう。
できない!

フリック入力って、こういうやつ↓

 

フリック

 

これさーーーほんと、

【お】はどっちだよ?
自分の指に隠れて見えないよ!みたいな感じなんですよ。

あーもう面倒くせえ、慣れてる“ツタタタ”打ちでいいや!ってなる。

 

タラレバ

“ツタタタ打ち”。正式名称が分からない 笑

 

↑この立ち姿が切ない 笑

主人公が友人に緊急のLINEメッセージを送っているシーンなんですが、
ぼくも緊急のときはこんな様子になってると思います。

 

※ちなみにぼくの周りに軽く統計を取ってみると、
20代はけっこうフリック入力です。
ちょうどアラウンド30が、
フリックとツタタタ打ちの境目のようです。

 

そんなアラサーとケータイの歴史

 

アラサーはさあーー、
ポケベルに替わって、ちょうど携帯電話が一般化してきた時期に
青春時代を過ごして、
めまぐるしい進化をずっと見守ってきたんすよ。

 

ぼくが高校生(’83年生まれです)
のころはこんな感じでした。

着信音が単音→3和音とかになり、
画面がカラーになったときには大騒ぎ。
むきだしのボディから“パカパカ”が主流になって、
“写メール”が現れたときには
「携帯電話にカメラが必要なのか?!」みたいな論争が起きて。

その頃からずっと“ツタタタ打ち”っすよ。

メールが半角50文字制限で、
文末に自分の名前を入れていた頃からね!!

 

ずっと見守ってきたのに、いつの間にか
その進化についていけなくなってる・・。

切ないですな。

 

 

まあ、フリック入力のほうが断然良いですけどね

 

断然良いですよね。
ツタタタ打ちよりフリック入力のほうが良い理由は2点。

良い理由①:入力が早い

全然違います。
ツタタタ打ちで【お】って打とうとしたら、「ツタタタタ」って5回。
フリックなら「ツ・タン!」みたいな。
1.5ステップくらいです。

また、【あお】って打ちたい時は
ツタタタの場合、【あ】と打ってからちょっと待って、
確定してからツタタタタ。と【お】まで。
フリックなら「ツ・ツタン!」

新幹線とチャリンコくらいの差です。

 

良い理由②:スタイリッシュ

例えばパソコンの場合。
手慣れた感じで流麗にタイピングする姿というのは、
とてもスタリッシュに見えるものです。
打つのが早いと、
それだけでちょっと仕事が出来る印象を与えます。

それが携帯の“ツタタタ打ち”になると、
打つのが早かろうと全くカッコよくありません。
むしろ「メール打つの早いねー!」なんて言われた日には
気恥ずかしささえ覚えます。

これがフリック入力だと
同じ携帯の操作でも途端にスタイリッシュになります。

ちょっとこう、小慣れたスマートさが演出できますね。

 

うーん、ツタタタのいいところ、勝れるところ、
無いなぁ‥。

 

総論 〜まとめ〜

 

フリック入力を覚えて、切り替えていったほうが良いとぼくは思いました!

自ら設定でフリック入力のみにすることも出来るみたい。
これで矯正するのも良いかもですね。

【みんな知ってるあたりまえ知識】iPhoneでフリック入力しか使わない人は「フリックのみ」に設定しておくと何かと便利
(ROCKET NEWS24)

 

フリック入力練習アプリとかまであって笑ったわw

フリックファンFree

 

がんばろう‥

 

 - 人とインターネット