*

“突然パッタリ来なくなった常連客”になりました。こんな気持ちなんだね

      2016/04/15

 

顧客満足度が高くてもお客は去っていく。
なぜだと思います?

 

ぼく、ヨガのレッスン通ってたんですよ。
きちっと定期的ではないけど、月に1〜2回くらい。
あとは美容室。決まったお店で、月1でずっと髪の毛お願いしてました。

でも両方とも、最近いつの間にかパタッと行かなくなったんですよね。

いや、別に嫌なことがあったわけじゃ全然ないんです。
お客として満足して利用してました。
ほかに良いとこ見つけて乗り換えたわけでもない。

人間関係も出来ていました。
ヨガも、先生を始めほかの生徒さんとも和気あいあい。
たまに差し入れのお菓子持って行ったり。
美容室もスタッフ皆さん仲良くしてくださって、facebookで絡んでたり
うちのショップカード置かせて貰ったりしてました。

それなのに何故、急に行かなくなったのか?
うーーん‥まあただ

な ん と な く。

ほんと何となく、ですよ。特に理由とか無いです。

よくよく考えて出た答えに自分でも笑っちゃったけど、
でもそう言えば、同じことが以前読んだマーケティング本に書いてあったわ。

ええと、これです。

あなたの店の顧客満足度が高くても、お客は流出する。お客は去っていく。
なぜだと思います?

ーーなんとなく飽きた‥。
その答え、パーフェクトです。
そのお店にも満足している。別に不満はない、お店が何かそそうをしたわけではない。
でも「なんとなく飽きた」といって去ってしまう。

 

お客ってみんなそうなんですね‥。

 

去ったお客は、どんな気持ちなのか?

 

ぼくのところも、常連さんが突然パッタリ来なくなる。という事は実際あります。

そして今回ぼく自身がこの“突然パッタリ行かなくなった常連客”になりました。
ですから、この心理状態を味わい尽くしてみようと思います。
まさに“お客の立場に立って考える”っていうやつで、
これがお客の流出を止めるヒントにもなるでしょう。

感じたことを以下にまとめてみました。

 

またそのうち行きたいとは思っている

もともと気に入って通ってたわけだし、どこかのタイミングでまた行こうとは考えてます。
ふとしたときに思い出して「あ、行きたいな‥」という気持ちになる。

ご無沙汰しているお客様に連絡する機会があったとき
「いや〜、行こう行こうと思ってるんだけどね〜」
って言われたりするんですが、あれはまんざらウソでも無いのかも。
※ちなみにこのセリフは店側からすると
いやそんな、バツが悪そうにされても‥別にいいんですよ。と変に恐縮しちゃいます 笑

 

なにか変化があったら行くきっかけになるかも

さっき紹介した本には「なんとなく飽きた」って書いてあります。
「飽きた」つもりは無いんだけど、行くたび何も変化がないと
通ってて確かに飽きるのかな。

模様替えとかイベントとか新メニューとか‥。何か変化があって
それをDMだったりSNSなんかで知ると、「へー、行ってみようかな」ってなるかも。

 

久しぶりだと行きづらい

これは大いにあります。

お店のかたと人間関係が出来ていたからこそ
間が空くと何となく行きづらくなっちゃう。
今さら行っても、忘れられてるかな?と思ってしまったり。

 

だから軽めのコンタクトを取ってほしい

年賀状とか、暑中/寒中見舞い。誕生日のハガキとかそんなの。
ちなみにぼくは、それにクーポンが付いてると引きます。
純粋な挨拶だけにして欲しい。付かず離れずの距離で気にはかけてますよ〜。
くらいのアプローチが良いですね。

 

行ったときは、以前通りに接して欲しい

いざ、ちょっとの勇気を出して行ったときは
「また来てくださって嬉しいです」って最初だけ言って貰えると、こちらも嬉しいですね。

あとは以前と変わらず接して欲しい。

たまに、バカな店だと
「今まではウチじゃなくてどこ通ってたの?」なんて訊いてきたりするけど、
そんなの聞いてどうすんの?

 

まとめ〜「勝手にしやがれ」というスタンスでいて欲しい

 

こうやって感じた事をまとめてみると、
この曲を思い出しました。

沢田研二『勝手にしやがれ』

「お店側にはこういうスタンスでいて欲しいな」っていうのを、
メチャクチャ的確に言い表した歌詞があります。

歌詞を掲載すると著作権的にまずいらしいので、ぜひ聴いてみてください。
1番のサビ前、0:35〜のところです。

 

おすすめ本

 

とても勉強になった本なので、
顧客の流出にお悩みのかたはぜひ読んでみると良いと思います!

 

この記事もおすすめです

口コミの心理〜紹介キャンペーンは無駄
  口コミの心理は“承認欲求”   こんにちは。 整体・足裏マッサージきらく 田野正樹です。   現在、当店に新規のお客様が来て下さるときって 広告は出してないからネット検索か紹介なんですけど、 ご紹介からの新規客って、独特の緊張感があるんですよね。 万が一、万が一ですよ。 気に入っていただけなかった場合 ご紹介者さまのメンツを潰すことになるわけですから。 「ダメだわ。あの人の勧めはアテにならない。変な店紹介しやがって‥」 と、ご紹介者さまの信用が無くなってしまう。 逆に、気に入っていただければご紹介者さまの株はグッと上がります。 「良い店教えてくれてありがとう!」と言われるわけです。 そしてぼくが日頃感じるのは、 ご紹介者さまはこの「教えてくれてありがとう!」を言われたいからこそ 紹介くださるんだなぁ。 ということです。 「そうそう、この間教えてもらったお店、良かったよ!」とご友人に言って欲しいのです。 「さすが◯◯さんは良い店知ってるなあ!」と。 ご友人に喜んでもらいたいから紹介する。 平たく言うと、ぼくのサービスを通して自分の承認欲求を満たしたいという心理です。 それはご紹介者さまの嬉しそうな顔を見ていれば分かります。 「いや〜、この間友達に田野くんのところ紹介したじゃない? 友達、すごく良かったって喜んでたよ〜!」というときの。 もちろんこんなこと言われたらぼくもとても嬉しい。 三者ハッピーのウィンウィンウィン 笑。 言うことないですね。   紹介キャンペーンは無駄。効果なし   だから 『お友達を紹介くださると、ご紹介者・お友達共に◯◯%OFF!!』 みたいな“紹介キャンペーン”っていうのを見ると、無駄じゃないの?と思います。 いたる業種で見かけるけど、なんでここまで定番の販促手法になってんの? 的外れでしょう。 理由は、承認欲求を満たしたいから紹介する。という心理に沿っていないからです。 猫も杓子も「紹介・口コミが1番の宣伝だ!」っていうから 形だけでも“紹介”っていうアクションを起こしてもらえばオッケーっていう思考停止戦略。 いや、なにぶんぼくは紹介キャンペーンなるものをやったことないから 効果無い!とは断言できないですけど。 でもここまで皆がこぞってやるほどの効果は無いでしょ絶対。
お客さんと仲良くなる“必殺・公募企画”
  マックの“名前募集バーガー”   先日、マクドナルドが新商品ハンバーガーの名前を一般公募して話題になりました。   この企画は 「消費者を参加させることで、マクドナルド社との関係性を強化する」という点で良い戦略だ。などと評価され、実際話題にもなったみたい。    何かの名前を考えるときには程度の差こそあれ、対象物について深く考えることを伴います。そして「この名前にしよう」と決め、応募するところまで行動を起こせばその深さは相当なものになり、商品と応募者の間には「大きな関与」が生まれます。  今回の施策の結果、この大きな関与を持った応募者が実に500万人に上りました。今のマクドナルドに必要なものが「顧客との絆の再強化」だと考えると、日本の人口の20~25人に一人が応募して名付けのプロセスに関わり、大なり小なりこの商品やブランドとの情緒的なつながりを築いたことは少なからぬ意味を持つと思います。 (日経トレンディネット『マクドナルドの“名前募集バーガー”は成功だったのか?』)   ぼくもこういうの、とても良いなーと思いました。   好例は、ゲーム『ロックマン』シリーズ   こういう、一般公募企画でパッと思い出されるのが、『ロックマン』っていう昔のファミコンゲーム。   ぼくが小学生だった当時、すごい人気だったアクションゲームでみんなやってたな。 ロックマンっていう、ロボットの主人公を操って8体のボスキャラを倒していくんですけど、 このボスキャラもやっぱり『○○マン』っていうロボットで、それぞれシンプルな特徴があるんですよね。 爆弾を投げて攻撃してくる『ボンバーマン』とか、サンダービームで攻撃する『エレキマン』みたいな。言ってしまえば、小学生が考え付くようなやつ。 で、ロックマンの凄いところはシリーズ2作目以降、ボスキャラを一般公募して本当に小学生に考えさせちゃったところ。 自分が考えてデザインしたキャラクターが大好きなゲームに登場するんですから、もう当時の小学生にとってみれば最高にエキサイティングな企画ですよ。 採用者には、メーカーから名誉ある証明書みたいなものが送られたはずですし、 ゲームクリア時のエンドロールには、自分の名前が流れるわけです。  

 

 

 - 商い日記