*

自営業・フリーランスのあなたへ「仕事をどこまで受けるか」ルールを持っていますか?

   

 

収入の“天井”について

自営業・フリーランスは、やればやっただけ自分の収入になります。これが魅力ですが、逆を返せばやらなければ収入はゼロ。そして、やればやっただけとは言っても物理的な限界があります。

昔ぼくが、フルコミッション(完全歩合給)の営業職に就いていた時のこと。オフィスや営業ツール、備品は会社のものを使えるけど、固定給がないぶん半ば個人事業主みたいなもんです。

ギラギラした社風の会社で「サラリーマンと違って、フルコミッションの給料は青天井だウオオオオオ!!」って社長はじめ以下マネージャーが鼓舞してたけど、じっさい天井はありますよ。時間は有限であり、体力も有限だからです。これが物理的限界。

現在ぼくが就いているセラピスト業で言えば、「1日に何人のお客様を施術できるか」。

名刺

 

うーん、5人かなーー。これが“天井”です。

でも、それ以上だってやればやるだけ潤うわけです。

さらには、ふだん忙しいお客さんが合間を見つけてやっと連絡してくれた。遠方のお客さんで、つぎにいつ来れるか分からない。などなど色んな状況下で、ときに天井以上の仕事をしてしまうときがあります。ヒマな日はヒマですから、お客さん来てくれるときに受けとかんと。などと思って、普段のキャパ以上に仕事をしたり。

で、疲れが溜まって後で後悔することも。そんなときは「ああ、明確なラインをきちんと引かないとな‥」と反省します。先日、ぼくの知り合いの同業者も仕事のしすぎで胃腸炎になってました。

 

みなさんはどうしてますか?

そしてこう迷いながらやっていると「他のみんなはどうしてるのかな?」っていうのが気になってきます。

みなさま

  • 自分の仕事のキャパシティをふだんから明確に定めているか(同時に○件までの案件。など)
  • キャパ以上の仕事を受けることもあるか
  • キャパ以上の仕事を振ることができるような横の繋がりを持っているか

などなど‥。

ご自身で定めているルールがありましたら、お聞きできたら嬉しいです!

ご意見がたくさん集まったら、まとめてブログに書きたいなあと考えています。っていうのも、Googleで【フリーランス 仕事どこまで受ける】って検索してみても、あんまり情報がなかったので。

※代わりにけっこう散見されたのが「どこまで無料で仕事を受けるべきか?」みたいな記事。そんなもんひとつも受けちゃダメに決まってんだろ馬鹿野郎!
参照:技術職が1度は言われている「タダでやってよ〜」問題について

お問い合わせフォームを以下に置きますので、「自分はこうしてるよ!聞け!」っていうあなたの貴重なご意見をいただけたら幸いであります!!

お問い合わせ

 - 商い日記