*

月商130万。シングルマザーだったフリーランス成功者がサラリと言い放った、成功の秘訣

   

一生懸命に登ってきたハシゴを、降りられますか?

さいきん、新しいフィールドでの仕事をすることになりそうで、いろいろ話を進めています‥。簡単に言うと、新しく店をやるような話です。

そんななか、仕事相手のかたから“突拍子もない”提案を受けました。

ぼくがこれまで小さいながら培ってきたものを、一旦ぜんぶチャラにするような内容です。「おお〜、ここまで登ったな〜」っていうハシゴを一気に1番下まで降りて、別のハシゴを最初から登り直すような感じ。

「ちょ、ちょっと、考えさせてください」と、少し時間を貰いました。

 

同じ業界の先輩に相談してみた

自分でグルグル考えたり、知人友人に相談したり‥。そのなかで、ぼくが携わってる業界の大先輩にも話を聞いて貰いました。

シングルマザー、お子さんが小さいうちに1人で商売を始め(セラピスト業)、大学に行かせ、現在でもバリバリに現役。今回聞いたら現在、月商130万。長きにわたって成功されてるフリーランスの先輩です。

 

ぼくも今回の話は「それはちょっと‥」と思いつつも悩むくらいだから、絶対ヤダ!とかじゃ決してないんです。心に引っかかるものがあるから悩むし考えるし相談する。「やったらやったで面白いよな‥」とは思う。

でも、一般的にはパッと第三者が聞いたら「それはナシでしょ!!」って言うような内容なんです。

だからこの大先輩も、頭ごなしに否定では無いにしても「ちょっと‥それ悩むよね〜‥」っていうリアクションを想定してました。というか期待してました。だから「いや〜、こんなこと言われててびっくりしちゃったんですけど、どう思いますか〜?」みたいな口調で訊いたんです。

 

返ってきた意外な答えと、成功の秘訣

先輩から返ってきた答えは「いいじゃんそれ!」という意外なもので、しかも即答。

もうほんとサラリと。「飲み行く?」「いいねえ!」くらいサラリとしてました。

それを聞いてちょっとビックリしちゃったぼくは、思わず「そ、そうですか‥。なんかすごい。考えが柔軟なんですね‥」と返すと、これまたサラリと次の一言が返ってきました。この一言が名言だった。

いきますよ?

さん

にー

いち

「うん、柔軟じゃなきゃ

やってこれなかったから」

 

この大先輩の成功の秘訣を、垣間見た気がしました。

おしまい!

 - 商い日記