*

リピート率を上げたいなら、ポイントカードなんか渡すより100倍大切なのはまず名刺

   

アイキャッチ

エステに整体、ネイルでも美容師でもなんでも良いんですけど‥。

施術職のみなさん!お客様に名刺は渡してますか?

最初でも最後でも「本日担当します/しました○○です」と。

ポイントカードなんか渡すより100倍大切ですよ。

 

なぜ大切なのか?

お客様のお名前を覚えるって、大切ですよね?

カルテから、もしくはご予約電話の時点でお名前は把握しているはずですから、「お客様」ではなく「○○様」とお名前で呼ぶのが容易であり当然ですし、そうすべきです。

その理由について、自己啓発書の世界的名著『人を動かす』には
“人間がもっとも聞いて気持ちよくなる単語は、自身の名前である”みたいなことが書いてあります。

 

そして、お客様の名前を覚えると同じくらい、お客様に自分の名前を覚えてもらう。ということは大切。

なぜなら施術業については、お客様は店単位というより人に付くからです。

「あそこの店の○○さん」と覚えてもらうことが必要。

すると当然、名刺は渡して然るべきですよね。

あとはそもそも、1〜2時間お客様とマンツーマンで接するような仕事です。いろいろと会話も生まれるでしょう。

そんなとき、お客様に「あれ?この人名前なんて言うんだっけな‥?」なんて思わせて
「お‥お姉さんは、美容師の仕事長いんですか?」とか気ぃ使わせてちゃいけません。

そしてただ名刺を渡すだけじゃなく、一言なにか気の利いた言葉を添えて、名前を覚えてもらえる工夫が加えられればベスト。

 

とにかくどこかの偉いさんとかでむやみに名刺をばら撒けない立場でもない限り、名刺は宣伝ツールでありチラシと一緒です。

どんどん使いましょう。

おしまい!

 - 商い日記