激ヒマなサロンに来た問い合わせ。予約状況はなんて答える?

   

サロンにまっっったく予約が入らない!電話がウンともスンとも言わない!きょうは1件たりとも予約が入っていません。開店休業状態。

もう、電話壊れてるんじゃないかと心配になって自分の携帯でお店にかけてみる。すると、当たり前のようにベルが鳴る 笑。
(※↑こちら、やったことある人多いと思います。ぼくもあります 笑)

本当に気に病みますよね。

あーー、もう嫌だ。きょうゼロ件のままだったらどうなのこれ?

 

 

・・そんなときにやっと電話が鳴りました!

「っしゃ!!」と小さくガッツポーズをしてから、ふう。とひとつ息を吐き、落ち着いて微笑みながら電話に出ます。

するとお客様:
「今日なんですけど、空いている時間ってありますか・・?」

空いてます!空いてますとも!!地の果てまで空いています。

さあ、ここであなたは何と答えるでしょうか?

ヒマと思われたくない。だけど逃したくないジレンマ。これを解決する対応は?

やっとかかってきたこの1件。絶対に逃したくないですからもう、いつでも結構です。あなたの来たいお時間にわたしが合わせますから、どうぞお好きにご自由に。とまくし立てたいところですよね。

ただそんなことは言えたもんじゃない。「あ、いつでも空いてますよ~」なんて、こちらのプライドだってあるし、そもそもお客さんも心配になる。「え?なにこの店。人気ないのかな・・」と少なからず思うはず。

かといって。かといってですよ。

ハッタリかまして「本日ですと、4時以降に空きがございます」なんて言って「ああ~、そうなんですね。もっと早い時間じゃないと行かれないから・・。じゃあまた今度にしますね」と断られたら泣くに泣けません。

こんな時はこう答えましょう

「お電話ありがとうございます。はい、本日ご希望ですね。
すぐに確認いたします・・。ちなみにお客様のほうで、ご希望のお時間はございますか?」

 

質問返しです。

するとお客様はこう答えます。

「ええと・・、1時半、とか2時がいいんですけど」

そうしたら

「午後の1時半、2時のころですね・・。はい、そのお時間帯ですと空きがございますので、1時半のご予約ではいかがでしょうか?」

 

これだよ!!この、ちなみにお客様のほうで。“ちなみに”がポイントです。

お客さんにまず希望の時間を訊いて、あたかもその時間だったら空いているように伝える。これがスマートで確実に予約に繋げる答えかたです。

ハッタリを利かせるのはお客様のため

なんか、こう書くとセコイやり方ですけど。

でもこれはね、お客様のためですよ。実際こう言ってる店、けっこういますけど「いつでも空いてますよ」なんて言われれば本当に少なからず「え、ここの店選んで大丈夫だったかな・・?」って不安になります。

たとえばですよ。お昼の12時台、もろピーク時のランチタイムに入ろうとした飲食店が、外から見てガラガラだったら入るの辞めますよね?まあ、だから繁盛具合が外からうかがえる飲食店って大変だなあとも思うんですけど。

対してサロン業は多くが個室、予約制でガラガラだろうとハッタリ利かせやすい業種なんですから。お客さんが安心して来店できるように、お客のためにハッタリはかましましょう。

この”お客のためのハッタリ”については過去にもこういうことを書いていたので、こちらもどうぞ↓

新人の仕事とは『ベテランの振りをすること』

 - 商い日記