Houn

2020.05.28

ハウツー

アメブロにGoogleアナリティクス、サーチコンソールを導入する

アメブロの管理画面に「Google Search Console連携画面へ」というボタンがあります。

押してみると

こんな設定画面に。

「Google Search Consoleの設定」
「Google Analyticsの設定」

とありますが、こちらはGoogleが提供している高性能アクセス解析ツールのことなんですね。それをアメブロに組み込むための画面です。

グーグルサーチコンソール、グーグルアナリティクスと呼びます。

アメブロのアクセス解析との違い

アメブロにも標準でアクセス解析機能がついていますよね。ただこれらのGoogleのツールを入れると、アメブロのアクセス解析では分からない、以下のようなデータが取得できます。

Googleアナリティクスで分かること

市区町村単位でエリアごとのアクセスや

どういった経路で記事を見てくれたか


SNSだったら、その内訳まで分かります。

Google Search Console(以下サーチコンソール)で分かること

どんなキーワードで検索して、ブログを見てくれたか。

さらには、そのキーワードで検索結果にブログが表示されたうち、何回クリックされたか?などのデータが分かります。

こういった機能が、すべて無料!Googleアカウントがあれば活用できます。

Googleアカウント(Gmail)が必要

Google Analytics、Google Search Consoleという名前のとおり、これらはGoogleが提供しているサービスです。そのため、Googleアカウントが必要になります。

GoogleアカウントはGmailのことですね。ナントカ@gmail.comというメールアドレス。お持ちでない場合は最初に作成する必要があります。もちろん無料。お持ちのかたは、そのアカウントでGoogleアナリティクスを使えます。

作成はこちら↓
Google アカウントの作成

Googleアナリティクスを導入する

Googleアカウントが取得できたら、今度はGoogleアナリティクスを使えるようにします。

Googleアナリティクス側の設定

Googleアナリティクスにアクセスして、Googleアカウントでログイン

「無料で設定」をクリック

するとこんな画面になりますので、アカウント名を入力(何でも大丈夫です。自分の名前でも、ブログのタイトルでも)その下のチェックは入れたままで「次へ」

「測定の対象を指定します」という画面に切り替わりますので、「ウェブ」が選択された状態のまま「次へ」

「プロパティの設定」という画面になります。

入力項目は以下のとおりです。

  1. ブログのタイトルを入れます。
  2. ブログのURLを入れます。

    URLはここですね。ブログのトップページを開いたときの、アドレス欄に表示されるameblo.jp/〜〜という文字です。

    これをコピーして、貼り付けます。

    1. 最初はhttp://となっているので、三角を押してhttps://を選びます。
    2. コピーしたアメブロURLのameblo.jp/〜最後までを貼り付け。
  3. ブログのテーマで、当てはまってるものを選びます。
  4. 「日本」(住んでいる国)を選びます。

すると利用規約の画面になるので、2箇所にチェックを入れて「同意する」をクリック

お知らせメール配信は希望しますか?と出るので、どちらでも大丈夫です。右下の「保存」を押すと‥

こんな画面になり完了です!グーグルアナリティクスが使えるようになりました!

そうしたら、この中の「トラッキングID」という「UA-〜(数字)」の文字を、コピーしておきます。

次にアメブロの設定をしましょう。

アメブロ側の設定

「Google Search Console連携画面へ」をクリック

「Google Analyticsの設定」にある欄に、先ほどコピーしたGoogleアナリティクスのトラッキングコードを貼り付けます。

これで完了です!アメブロのアクセスを、Googleアナリティクスが取得して閲覧できるようになりました!

次はサーチコンソールです!

サーチコンソールを導入する

先ほどのアメブロ管理画面「外部サービス連携設定」から「Google Search Consoleの設定」「アカウントを連携する」をクリック

Googleアカウントのログインを求められるので、パスワードを入力してログイン

次のとおり3回、許可を求められるので「許可」をクリック

すると、こんな画面になり導入が完了します!

お疲れ様でした!これですべて完了です。

ツールの使い方については、続けて記事を書きます!

Share on SNSシェア