Houn

2021.05.13

ハウツー

Shopifyで購入数や価格に制限をかけるOrderLogicアプリ(Liteプラン可)の使い方

Shopifyに「購入は●点まで」といった購入制限をかける機能は標準では無いため、これを実現するためのアプリの紹介です。

「OrderLogic ‑ Min & Max Limits」と呼ばれる有料アプリで$4.99/月から。7日間の無料体験が付いています。

上位プランになりますが購入ボタン(Buy Button)にも使えるため、Shopify Liteプランにも対応しています。

※「Shopify 購入制限」でググるとよく紹介されているアプリ「Min&Max Limits by Limitsify」はBasic以上でないと使えません。

料金プラン

  • スタンダード($4.99)
  • プレミアム($9.99)
  • プロ(14.99)

と3種類のプランがあり、上位プランになるにつれて機能(できること)が充実します。

機能紹介

【Products】商品ごとに制限(全プラン)

「この商品は●点まで」といったふうに、それぞれの商品ごとに購入の制限をかけることができます。

  1. 最小購入点数です。
    注文しなくてはいけない、必須の点数を入力します。
  2. 最大購入点数です。
    「●個まで」といった制限になります。
  3. 購入点数を指定する設定です。
    例えばここに「3」と入力すると、3点しか購入できません。
    4点でも5点でもエラーを出します。

【Orders】すべての商品単位での制限(全プラン)

カートに入れたすべての商品点数や金額に対して制限をかけます。

  1. 合計●円から
  2. 合計●円まで
  3. 合計●点から
  4. 合計●円まで

【Prompts】エラーメッセージの設定

制限に引っかかった注文がされたときのエラーメッセージを設定する画面です。

標準では英語ですべて表示されるので、各メッセージを日本語で設定してあげます。

それぞれ、どういう制限に引っかかったときに表示されるメッセージなのか?は、実際にエラーを出してみて確認しながら設定するのがベストです。

なお欄内の入力例にある{{}}内の文字は、設定した金額や商品名を出力してくれます。

それぞれ以下の通りです。

  • quantity‥点数
  • product_title‥商品名
  • amount‥金額

なので例えば
{{product_title}}は{{quantity}}点までのご購入となります
と入力すれば、
「チョコレートケーキは3点までのご購入となります」
といった具合に、設定した商品名、制限点数を実際のエラーメッセージとして顧客に示してくれます。

【Tags】商品タグ単位での制限(PremiumPlanから)

商品に設定した「タグ」を基準に制限を設けることができます。

例えば「ケーキ」というコレクションに

  • ショートケーキ
  • チョコレートケーキ
  • チーズケーキ

という3種の商品があり、この中から2点までの購入(組み合わせは自由)といった制限がかけられるようになります。

「Add Tag Constraint」をクリックして

  1. 制限をかけたいタグを入力(誤字に注意)
    • Minimum Quantity‥最小点数
    • Maximum Quantity‥最大点数
    • Minimum Spend‥最小価格
    • Maximum Spend‥最大価格
    • Multiple‥点数の指定(例:3点での購入のみ可)
  2. 2で選択した単位にて、数値を設定
  3. すべての商品に適用
  4. カート内の個々の製品ごとに適用
  5. 制限に引っかかったときに表示されるエラーメッセージ

※4,5どちらかにチェックを入れないと有効になりません

【Buy Button】購入ボタンに制限(ProPlanから)

OrderLogicアプリは標準では、ストアでの買い物にに対しての購入制限になり、購入ボタンには適用されません。

購入ボタンに対して設定した購入制限を適用するには、”制限を適用したボタンに作り替える”必要があります。

と言っても操作自体は簡単です。

  1. Shopifyで作成した購入ボタンのコードを貼り付けます。

  2. すると赤字で(このアンプル画面では伏せてしまいましたが)、購入制限を適用したボタンへとコードを書き換えてくれますので、最下部の「Copy code」をクリックしてコピーするだけです。

Share on SNSシェア

Related 関連記事

一覧へ戻る

お問い合わせ