Houn

use-gigafile
2019.12.17

ハウツー

ギガファイル便の使い方〜アップロードもダウンロードも

ギガファイル便とは、容量が大きいデータ(高画質の画像)などをインターネット上で送れるサービスです。

操作は簡単、無料、会員登録も要りません。

データを送ろう(アップロード)

基本の送りかた

こちらをクリックしてギガファイル便のサイトを開きます。

ちょっと画面を下にスクロールすると、こういう操作欄があります。

gigafile-top

使うのはここだけ。あとは全部広告です笑。

この赤枠で囲ったなかに、指示の通り送りたいファイルをドラッグ&ドロップ。マウスで掴んでぐいっと乗っけましょう。

gigafile-send1

複数ファイルを送る場合は1個ずつでもいいですし、まとめて一気にも可能。

3枚の画像ファイルをアップロードするとこんな感じに。

gigafile-send2

で、ですね‥。

送りたい相手に渡すのは、この赤線部。このURL(httpsから始まってる文字列)です。

gigafile-send3

この赤線それぞれが、3枚の画像それぞれの受け取り(ダウンロード)用URLなんですね。

これをコピーして、相手へ送るメールなどに貼り付け。「こちらからダウンロードして確認してください」って送れば完了です。

オススメ〜複数のファイルはひとつにまとめよう

今回みたいに複数のファイルをアップロードして相手に送る場合は、1ファイルずつに割り当てられたURLを全部送るのではこちらも相手も手間になります。

そんなときは、ファイルを1個のURLにまとめちゃうことができます。

やり方は簡単。この「まとめる」ボタンをクリックするだけです。

gigafile-connect1

すると‥

gigafile-connect2

アップロードしたファイルを全部まとめたURLができました!これを相手に送りましょう。

応用編1〜ファイルの保持期限を変更

ギガファイル便では、アップロードしたファイルをいつまで保持するか?の期限が設定されます。

その期限を過ぎると、URLが無効になってダウンロードができなくなるということですね。何も設定しなければ期限は7日間、そしてこの日数は簡単に変更できます。

操作欄の上部、ここですね。アップロード前に好きな日数をクリックして設定。14・21・30・60日から選ぶことができます。

gigafile-deadline2

応用編2〜ダウンロード用パスワードを設定しよう

何も設定しない場合は、ダウンロードURLさえあれば誰でもファイルをダウンロードできてしまいます。セキュリティ上重要なファイルの場合はパスワードを設定することで、パスワードを知らない限りダウンロードが出来ないようにします。

こちらですね。入力欄に半角の英数字でパスワードを入れます。そして右横の「設定」をクリック。

gigafile-password

「ダウンロードパスワードを設定しました。」と表示が出れば完了。そして相手に「ダウンロードパスワードはこちらです」と教えてあげればオッケーです。

削除キーについて

こちらもセキュリティのお話。相手がファイルを無事受け取り、もうURLが不要。大切なデータだから万一ほかの誰かにダウンロードされないように。ダウンロードデータを削除することが出来ます。

アップロードすると、自動的に「削除キー」というのが生成されます。

gigafile-delete

こちらを相手に送ってあげればオッケー。「ダウンロードが完了しましたらこちらが削除キーになりますのでお使いください」といった感じですね。もしくは「ダウンロードが完了しましたらご連絡ください。こちらでURLを削除いたします」とか。

ダウンロードURLを開いた時の画面がこちらになるので、ダウンロードを無事終えたら赤枠内に削除キーを入力して削除します。

データを受け取ろう(ダウンロード)

ダウンロードに関しては本当に簡単です。

送られてきたURLを開くと、こんな画面になります。

gigafile-dl

ファイルの名前をクリックすればダウンロードが完了。

送り主がダウンロードキーを設定している場合は教えてもらった文字を入力。

ダウンロードが終わったあと、セキュリティのために以後誰もダウンロードできないようURLを削除してしまいたいときは、送り主に削除キーを教えてもらいこちらに入力、「削除」ボタンで完了です。

Share on SNSシェア

Related 関連記事