Houn

Web制作

公開日:2019.11.29

更新日:2022.05.02

iframeレスポンシブのコピペサンプル。アスペクト比も維持

iframe-responsive

GoogleマップやYouTubeなどのiframeタグを、レスポンシブでいい感じに表示されるようにします。スマホで幅がはみ出てしまってお困りのかたに。

サンプル

具体的には、本記事ではこのような表示になるサンプルを紹介します。パソコンだとサイトの幅に対して50%。タブレット以下では100%の幅に切り替わるようにします。ブラウザのウィンドウ幅を伸び縮みさせて確認してみてください。

HTML

HTML側はこうなります。divタグを2重にして、その中にGoogleマップ、YouTubeなどからコピーした埋め込み用のiframeタグを入れます。

divタグはそれぞれ、iframeWrap-parentiframeWrap-childっていう名前にしてみました。ちなみに生成されるiframeタグ内のwidth、heightはデフォルトのまま、いじらなくて大丈夫です。

CSS

そして、ふたつのdivタグとiframeタグそのものにCSSを当てていきます。

なお14〜16行目で、タテヨコ比(アスペクト比といいます)を好みで調整出来るようにしてみました。サンプルのままだと一番下の16:9が適用されますので、適用させたい比率以外を消すなりしてお使いください。

サイト保守契約の便利ツール

Webサイトの保守業務委託においては、毎月定額の決済をお願いするのが一般的だと思います。

決済方法として便利なのがクレジットカード自動引き落とし。一度顧客に手続きいただければ毎月自動で決済してくれるので、制作会社側も顧客側も何の手間もかかりません。

当事務所で導入しているのがSquare(スクエア)

導入は無料で、コストはクレジット決済手数料(3%)のみ。

毎月請求書を送る、未払いがないかチェックする‥などの手間が省けるなら安いものです。

制作会社、顧客ともに手続き操作もカンタンですし、こちらの記事で解説もしていますので、ご参考ください。

保守費決済のほか、ちょっとした小額の決済も決済リンクを送ってすぐ完了。

非常にラクでオススメです。まずはアカウント登録して、一度使い心地を試してみてください。

Square(スクエア)

無料相談はこちら