Houn

2022.05.02 WordPress

WordPressプラグインを簡単にダウングレードする方法

プラグインを更新したら不具合が発生してうまく動かなくなったなどの都合で、もと(更新前の古いバージョン)に戻したい=ダウングレードしたい場合。

これまでは更新したプラグインをいったん削除して古いバージョンでインストールし直したり、ダウングレード用のプラグインを使うなどがありましたが、2020年9月にリリースされたWordPress5.5以降はもっと簡単にできるようになったようです。

実際にやってみたので手順を紹介します。

プラグインのダウングレード全手順

「Contact Form 7」プラグインを執筆時点の最新バージョン5.4から、ひとつ前の5.3.2にダウングレードするという例でやってみます。

プラグインに施した設定もそのままでダウングレードできました。
※念のため、バックアップの取得をお勧めします。

古いバージョンをパソコンにダウンロード

WordPress管理画面「インストール済みプラグイン」のプラグイン一覧から、ダウングレードしたいプラグイン「詳細を表示」をクリックします。

プラグインの詳細ページが開きますので、サイドバーの「WordPress.org プラグインページ」クリック。

「詳細を表示」をクリック。

開いたページを1番下までスクロールすると「以前のバージョン」という項目があり、こちらから古いバージョンをダウンロードできます。

「開発バージョン」をクリック。

旧バージョンを一覧から選択できるようになりますので、戻したい(アップデート前の)バージョンを選択して「ダウンロード」。

古いバージョンのプラグインを、まずはパソコンにダウンロードしました。

古いバージョンのプラグインをWordPressにアップロード

あとはダウンロードしたプラグインを「新規追加」の形でWordPressにアップロードします。

新規追加といっても新旧バージョン両方、2つのプラグインを入れるわけではなく、WordPressが自動で古いバージョンに差し替えてくれます。

管理画面からプラグイン「新規追加」ページを開いて「プラグインのアップロード」をクリック。

「ファイルを選択」から、先ほどダウンロードした古いバージョンのプラグインを選択して「今すぐインストール」をクリック。

すると以下の画面になりますので「アップロードしたもので現在のものを置き換える」をクリック。

以上で完了です。

ちなみにこちらの画面は「同じプラグインがすでにインストールされているけど、いまアップロードしたバージョンに置き換える?」と訊いてくれているんですね。

確認

「インストール済みプラグイン」の画面を開いてみると、きちんとダウングレードされているのが確認できます。

WordPressに時間を取られすぎていませんか?

「ブログやるなら、HP持つならWordPress!と聞いて始めたけれど『これどうやるの?』のオンパレード。分からなくてググってみれば『下手なカスタマイズはサイトが真っ白になります』『ハッキングされるかも?』って、何それ?!なんかもういいや‥」

‥というあなたへ朗報です!

WordPressブログに関するトラブル解決の専門家「ブログサポーターがみたか」さんが提供されているサービス

が助けてくれます。

WordPressのトラブル対応やカスタマイズにお強く、これまでのべ1,000件以上の解決実績をもとに

  • 使い方が分からない
  • カスタマイズしたい
  • ブログ運用の仕方、WordPressの使い方が間違っていないか不安
  • ハッキングに遭ってしまった‥

などさまざまな要望・問題に、丁寧迅速に対応してくださいます(がみたかさんは10年近く前から存じ上げていますが、本当に丁寧で優しいです)

ブロガーさんなら記事を書くこと、事業者さんなら本来の業務が時間を割くべきことで、「WordPress、これどうやるの?」とググって悩んでいるのは時間の無駄です。

きちっと必要な部分には投資をして”餅は餅屋”に任せ、できた時間でしっかり本業に集中し、より大きな収益を生みましょう。

安心して、快適にサイトを運営するために、ぜひ活用してください。

Share on SNSシェア

お問い合わせ