Houn

記事内に広告を含む場合があります

詳しく見る
キャッシュレス決済

公開日:2024.06.14

更新日:2024.06.26

Airペイはオンライン決済不可【代替案あり】

キャッシュレス決済のAirペイって、店頭だけじゃなくてオンライン決済もできる?
ネットでも販売したいんだけど‥

こんな疑問を解決します。

結論として、Airペイは一般的なオンライン決済は不可で、可能にするための代案についても解説しています。

ぜひ最後までチェックしてください。

【結論】Airペイはオンライン決済が不可。店頭決済のみ

Airペイで使えるのは、iPhone(もしくはiPad)とカードリーダーを使った店頭での対面決済のみ。

オンライン請求書や決済リンク、ネットショッピングなど”オンライン上で決済する”機能はありません。

「Airペイ オンライン」というサービスがあるが、Airペイとは別

よくあるご質問-Airペイオンラインとは

じつはAirペイを運営するリクルート社に、「Airペイ オンライン」というオンライン決済のサービスがあります。

ただ、Airペイとはまったく別のサービスです。

Airペイ オンラインとは

※イメージ

Airペイ オンラインは飲食店用のサービスで、

  • ネットでテイクアウト品を注文・決済できる
  • 客席に設置したQRコードからオーダーができる
  • ホットペッパーグルメでネット予約のさいにお客様がクレジットカードを登録し、店舗でスムーズに会計できる

といった機能を提供しています。

利用には審査があり、プランによって月額固定費が発生します。

もし、あなたがやりたいオンライン決済が上記に当てはまるのであれば、公式サイトから詳細をチェックしてみてください。

公式サイト:「Airペイ オンラインとは」

オンライン決済はSquareがお勧め

Square公式サイト(※掲載されている機器の購入は不要です)

あなたがやりたいオンライン決済が、

  • お客様にカード決済用の請求書を送って、スピーディに支払いを受けたい
  • 決済用のリンクを作成して、SNS上で販売したい
  • ホームページに購入ボタンを設置してネットで売りたい
  • サブスク決済したい

などであれば、Square(スクエア)という決済サービスがお勧めです。

\アカウント作成のみで利用可/ Square公式サイト 無料で始められます

Squareとは

SquareはAirペイ同様、スマホと専用リーダーでキャッシュレス決済する「モバイル決済」と呼ばれる決済サービス。むしろSquareがモバイル決済の”元祖”です。

Twitterの創業者がアメリカで立ち上げ、日本では2013年から事業を開始しています。

個人事業者から、タワーレコードやブルーボトルコーヒーといった大手企業まで採用している、安心して使えるサービスです。

店頭・オンラインの決済どちらにも利用できる

Squareの特徴は、店頭・オンライン両方の決済機能を備えていることです。

無料のSquareアカウントを作成すれば、すべての機能を使うことができます。

\アカウント作成のみで利用可/ Square公式サイト 無料で始められます

Square・Airペイの比較

店頭決済においてはAirペイ・Squareとも、専用のカードリーダーとスマートフォン、もしくはiPadを使って決済をおこないます(写真はSquareのもの)

あなたが、

キャッシュレス決済自体、これから導入なんだよね。
Airペイを検討していて、オンライン決済はできるのかな?と調べてて‥。

といった状況であれば、以下の一覧表を参考にしてください。

■SquareとAirペイの比較表(店頭決済時)
SquareAirペイ
決済手数料3.25%3.24%
電子マネー「COIN+」は1.08%
入金サイクル週1回
三井住友・みずほ銀行は翌営業日
カード・電マネ:月3回
みずほ・三菱UFJ・三井住友銀行は月6回
QR決済:月1回
初期費用
固定費
違約金
振込手数料
すべて無料すべて無料
決済端末カードリーダー4,980円〜
カードリーダー無料
キャンペーン中はiPad無料
※いずれも貸出
対応OSiOS・Android両方OKiOSのみ
対応QR決済PayPayのみ
PayPay・楽天ペイ・d払いetc.
*価格表記はすべて税込

※もちろん、Squareをオンライン決済で使うなら決済端末は不要です。
(パソコン・スマホとネット環境さえあればOK)

ポイントとしては、

  • 両社ともコストは決済手数料だけ
  • 入金サイクルは断然Squareが早い
  • キャンペーン中であれば、Airペイは端末無料*
    (*貰えるわけではなく貸出)
  • AirペイはAndroidスマホ不可
  • QR決済ブランド対応はAirペイが強い

といったところでしょう。

より詳しくは、以下の記事でも解説しています↓

Squareに優位性を感じたなら統一できてベスト

もしあなたが、店頭決済における条件で「Squareのほうが良いな!」と感じたならベストですね。

店頭・オンラインどちらもSquareを使うわけですから、売上や入金が統一できて管理がしやすいです。

店頭はAirペイ、オンラインはSquareと使い分けも可能

いや、私は店頭決済に使うなら、Airペイのほうが合ってるな!
iPad無料は魅力的だしね。

すでにAirペイは、店頭決済で使ってるんだよね。
わざわざSquareに切り替えるのも面倒だから、このまま使い続けたいな。

といった場合、店頭ではAirペイ、オンラインはSquareと使い分けも可能です。

Squareともにコストは決済手数料だけ。

言ってしまえば「決済しない限りお金はかからない」ため、併用にリスクはありません。

より詳しくは、以下の記事もご覧ください↓

\アカウント作成のみで利用可/ Square公式サイト 無料で始められます

Squareオンライン決済のやり方も解説

Squareのオンライン決済は、無料のSquareアカウントさえあれば利用可能(*)なわけですが、実際の使いかたについても、以下の記事で分かりやすく解説しています。
*審査があります(最短当日で完了)

安心して始めてください。

■カード決済できるオンライン請求書を送りたい
■決済リンクを作って顧客に送りたい、サイトに掲載したい

まとめ

あなたが飲食店オーナーさんで、やりたいオンライン決済が

  • テーブル注文やネット注文などのモバイルオーダー
  • ホットペッパーグルメでの事前決済

なのであれば、特化したサービス「Airペイオンライン」がピッタリです。

それ以外の”ネット上で決済する”行為なら、Squareが幅広く対応してくれるでしょう。

ぜひご参考に、ビジネスを向上させてください。

\アカウント作成のみで利用可/ Square公式サイト 無料で始められます